2006年06月10日

山下 清の世界

img20060610.jpg 湯布院にて 山下清の原画展を 見てきました。

 たくさんの原画が 展示されていました。

 山下清というと 花火の貼り絵という イメージですが
花や 昆虫 人形 なかには 火星人などの 貼り絵の原画も。

 貼り絵のほかに マジックで描いた 風景など。

 花火の 観客の一人一人も 貼り絵で 表現したり
花の絵には 細かい蟻や 蜂など。 細い足や 触覚まで
貼り絵で 表現しています。

 最初に 脱走したときに なんと わが町に奉公していたとか。
初めて知りました。

at 20:45コメント(2) | 旅景色  

コメント一欄

1. Posted by ほなみ   2007年08月29日 10:32
初めまして。山下清ことを調べていたら、此処に来てしまったものです。
私も、同じ原画展に行ったんですよー。
虫は嫌いなのですが、山下清の描いたバッタは、きれいだと思いました^^
すいませんね、勝手に喋ってしまい;
それでは失礼します。
2. Posted by りんご   2007年08月30日 21:16
ほなみさん
 コメントありがとうございます。
山下清展 見に行かれたのですね。
作品が 随分残っているのですね。
以前 住んでいた千葉は 山下清とゆかりのある土地なので 親近感が わきます。
大昔 わが 出身の小学校に 山下清が来て 一筆描きの魚の絵を 描いて 給食を食べて 帰っていったとの 逸話も 残っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字