2006年04月

2006年04月13日

和紙の素?

img20060413.jpg 関東の桜は そろそろ 花吹雪から 葉桜へ。
それでは もっと 北へ。と いうことで 今日は 茨城県の 北方向へ。

  袋だの滝で 有名な 奥久慈方面へ。
桜も 満開で、見ごろでした。

 途中、山方町の和紙の里へ。
ここは 西ノ内和紙を 漉いている。

 西の内和紙は その昔 水戸黄門が 大日本史を編纂するのに 用いられたり、又 第二次世界大戦中は 風船爆弾に用いられた和紙です。

 原料は 楮皮の繊維のみ。
丈夫で ムシも付かないということです。

 今は 2軒だけが 伝統を守っています。

 奥久慈は 楮の産地。
この 楮が なかったら 美濃和紙も 越前和紙も できなかったと 言われています。

 和紙は もちろん はがきや びんせんの他

 和紙で つくった めがね入れ ペンケース ブックカバーなど おみやげ用に 加工したものも 売っています。

 画像の 白い木は 楮を蒸して皮をはがした後のものです。



at 22:38コメント(4) | 絵手紙  

2006年04月10日

学校の桜

 img20060410.jpg学校に 桜は つき物ですね。

ちょうど 入学式のころに 満開になりますよね。

この 桜は 学校の桜でも 別格の 風格です。

茨城県の天然記念物の桜です。

樹齢やく100年。

校庭の ど真ん中に 3本 。 

トラックは 桜を中心に なっています。

添え木が 黄色と黒に なっているのは 子供たちが 注意するようにでしょうか。

桜には 似合わないですね。

この 3本のほかにも たくさんの桜が 満開でした。

以前 ニュースステーションの 夜桜中継したことも あります。

きっと 親子何代も この 桜の元 この 小学校に 入学したご家族も いるのでしょうね。

at 19:13コメント(3) |   

2006年04月09日

雑草もお目覚め

img20060409.jpg 庭の雑草も 一雨ごとに 育っています。

つくしも かわいいなんて 言ってられません。

これが スギナになって

 芝生の中に生えて とるのに 苦労します。


もともと 梅畑だったところですが

 あまり 手入れしていなかったため


雑草が いっぱいの土地でしたので 

雑草の種もスギナの根っこも いっぱい。


芝生の雑草は 最初の2,3年が 大事。

今のうちに 退治しておくと

 後が 楽になるというので

 夫は 目の敵にして 抜いています。

at 09:59コメント(0) | 絵手紙  

春爛漫

我が家の 河津桜が 満開になりました。img20060409.jpg

 鉢植えから 地植えにしたため 河津桜にしては 遅く開花したのですが  染井吉野も満開です。

今年は 梅の開花が 遅れ 桜の開花が 早かった為 両方が 一度に 見られました。

東北あたりでは 梅 桜 桃が いっせいに咲き 三春というらしいです。

関東では めずらしいということでした。

at 09:47コメント(0) |   

2006年04月03日

青空塾

 チャレンジの春ですね。img20060403.jpg

この春 青空塾に入塾しました。

都市部の農家が 菜園の初心者に 野菜の作り方を 教えてくれます。

約30平方を 一区画とし 40区画。

これから 40人の仲間と共に 秋まで16種類の野菜を育てます。

1回目は 畝つくりをして マルチをはって 大根と にんじんの種まきをしました。

別宅の 畑は 素人仕事、 やはり 実施をみるのは 大違いです。

おいしい野菜が できると いいな。

写真は 別宅の庭のえんどう豆とスナップエンドウです。

at 11:48コメント(2) |